茨木市消費生活展

11月21日(土)茨木市市民総合センターで行われた茨木市消費生活展に参加しました。隣接したグラウンドでは農業祭も行われており、C・キッズも「収穫の秋」、「食欲の秋」に因んで「食」をテーマにした以下の5つのプログラムを実施しました。①旬あわせゲーム②おやつすごろく③釣堀ゲーム④工作:3つのお皿からくりカード⑤旬当てクイズ

 スタンプラリー形式で、3つ以上に参加するとお土産(おやつスゴロク)が貰えるルールでしたが、子どもも大人も、1つ参加すると期待を超えた面白さに引かれたようで、結局全部を制覇する参加者がほとんどでした。とても盛況なイベントになりました。各コーナーでは、一見簡単と思っていた食べ物の旬に頭を抱えたり、エネルギーの元である「芋」を体の調子を整える「野菜」と思い込んでいたりと、あちこちから驚きの声や歓声が上がっていました。「3つのお皿からくりカード」では、完成させた人が順番を待つ人に教える場面もあり、ほとんど切れ目なく賑わいが続きました。中には、一度完成させて帰ったものの、また分からなくなって戻ってきた人がいたり、何度も何度もおさらいしてなかなか席を空けてくれない人も。子ども向けに開発した釣堀ゲームでは、意外にも高齢の男性の参加も多く、真剣に講師の話に耳を傾け質問する姿も見られました。ご自分の食事を見直すきっかけにして頂けたら嬉しいですね。

このイベントを通して改めて感じたのは、誰でも気軽に参加できて、しかも楽しみながら「食」について考えることのできるC・キッズのプログラムの底力でした。参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。 (M.A.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です