豊中まつりで食育と環境教育!

豊中まつり(2015/8/1~8/2開催)は、今年で市民主体となって19回目の豊中市恒例夏のイベントで、ここ数年は14万人余りの来場者があります。C・キッズ・ネットワークは、豊中市生活情報センターくらしかんのテントで、今年も啓発とPR活動を行いました。初日は、食育として「もったいない」をテーマに、クイズ「ルーツを探そう!あなたはだーれ?」 「どうして捨てられたの?」、工作「もったいないくるりんぱ」を実施しました。 クイズコーナーでは、写真で見る食品廃棄の現実に驚いたり、食べ物のルーツを動物カードで当てて楽しみました。(N.M)

2日目は、環境をテーマにマッチングゲーム、環境パズル、工作「省エネくるりんぱ」を実施しました。環境パズルでは、普段手にするお菓子の箱や牛乳パック、ペットボトルにリサイクルマークがついていることを学びました。クルリンとひっくり返す度に絵とメッセージが変わり、4回折ると元に戻る「くるりんぱ」には大人も感心!子どもたちにとって楽しいお土産となりました。さらに、くらしかんキャラクター「クラッピー」は会場内を練り歩き、くらしかんをPR。連日の猛暑で汗の滴る中、たくさんの市民の方に学べる機会を提供できた2日間でした。(A.T)

工作やゲームを楽しむ様子

くらしかんキャラクター「クラッピー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です