日本消費者教育学会関西支部発表

 6月13日、武庫川女子大学中央キャンパスにおいて、日本消費者教育学会関西支部発表が行われました。 C・キッズ・ネットワークからは「中学生以下の子どもを持つ保護者を対象とした3Rに関する意識調査」「企業と消費者の価値観のミスマッチ―地産地消を阻むもの―」(和歌山大学との共同研究)の2つを発表しました。

「中学生以下の子どもを持つ保護者を対象とした3Rに関する意識調査」

「企業と消費者の価値観のミスマッチ―地産地消を阻むもの―」和歌山大学赤松先生お世話になりました。

 日頃の私たちの研究、実践の成果を発表でき、また他の発表者の方々の内容も大変勉強になりよい機会でした。                                                   (K.N)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です